まつげ美容液で失明する?噂の検証と含まれる成分の秘密を徹底検証!

濃くて長いまつげを育て、女性らしい魅力的な目元を作ってくれるまつげ美容液。

 

まつげは目ヂカラアップのために欠かせない要素ですし、つけまつげやまつげエクステなどを使っている人でも、そのケアのためにまつげ美容液を使っている人も多いと思います。

 

いまや目元のコスメとして市民権を得ているまつげ美容液ですが、様々な副作用が出てしまった、という声を耳にすることも。

 

そこでこのページではそういった声を噂の検証を、配合されている成分から検証してみます。

 

 

本当にあった!過去、まつげ美容液で失明してしまった女性

 

噂の真相を確かめるべく、様々な調査を行ってみましたが、過去にまつげ美容液を使用して失明してしまった例は確かにあるようです。
ただしそれは海外の一部のメーカーが無認可で販売した粗悪品で起きたもの。
国外や国内できちんと認可を受けているまつげ美容液であればその心配は要らないといえるでしょう。

 

 

それ以外にも「視力、眼圧が低下してしまった」「ドライアイになってしまった」という副作用も見かけることができました。

 

その際に問題に挙がっているのは一部のまつげ美容液に含まれているビマトプロストという成分です。

 

このビマトプロストは元々緑内障の治療薬として使われている成分で、眼圧を下げる効果を持っています。

 

まつげ美容液は目の周り、まつげの根元に使用するコスメですが、間違って目に入ってしまった際などに、ビマトプロスト本来の効果が発揮され、眼圧や視力に変化が起こったのではないかとされています。

 

もちろん、必ずこうした副作用が起こってしまうというわけではなく、誤って目に入ってしまった際の影響も個人差があります。

 

ビマトプロストを含むまつげ美容液「ルミガン」「ラティッセ」「ケアプロスト」などはアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)できちんと認可されたコスメですので、副作用を回避するために使用に注意は必要ですが、失明の危険まではない、というのが正しい結果のようです。

 

そうした副作用も心配だ、という人は、ビマトプラストを含まないまつげ美容液を選ぶのが安心できるポイントだといえますね。