まつげ美容液の塗り方!3つのポイントを抑えた効果的な使い方とは?

目の印象や女性的な魅力を大きく左右するまつげの濃さや長さ。

 

まつげ美容液は自まつげの育毛やケアを行うことでそれらの手助けをしてくれますが、ただ闇雲に塗るよりもポイントを絞って使った方がより効果的な結果が期待できます。

 

今は様々なまつげ美容液が出ていますが、その使い方や塗り方には大きな違いはありません。

 

そこでこのページではまつげ美容液の塗り方、使い方のポイントを大きく3つに分けてまとめてみました!

 

 

まつげ美容液の塗り方、使い方の3つのポイント!

 

1、使うタイミングは夜、洗顔後がベスト!

 

まつげや髪の毛、皮膚の成長は夜に行われています。
特に活発なのがシンデレラタイムと呼ばれる22時から2時の間で、その際にしっかりと栄養が与えられているとその分まつげもしっかりと成長してくれます。
メイクや保湿クリームを先に塗ってしまうとまつげ美容液の栄養が肌に届かなくなってしまうので、すっぴんにした際一番最初に塗ってあげることが大切です。

 

 

2、塗るポイントは毛先よりも根元!

 

まつげは根元にある毛根細胞に栄養を蓄え、毛先に向かって栄養を送っています。
毛先だけに塗ってしまうと十分な栄養が送れないので注意しましょう。
また、育毛効果のあるまつげ美容液はうぶ毛状態のまつげなどにも栄養を送ってくれるので、特に心がけたいポイントです。

 

 

3、使用量は控えめに、サッと塗るくらい!

 

まつげ美容液に限らず、どんな栄養も過剰に摂取すると逆効果となってしまいます。食べ過ぎると太ってしまうのと同じ理屈ですね。
使用量の目安としてはアイラインを引くくらいのイメージで十分です。
あとは自まつげの状態(薄ければ多めに、今の状態を保ちたければ少なめに、など)に合わせて量を変えるのが肌への負担もなくなります。

 

今のまつげに満足ができていない人は、とにかくまつげへの栄養が足りていない状態だといえます。

 

まつげ美容液を使い始めてすぐに効果が出ない場合もありますが、最初のうちはとにかく根気よくお手入れすることが大切です。
3つのポイントを押さえて一ヶ月ほど使用してみて、その効果を確認してみるのが一番いいかもしれませんね。