まつ毛美容液で充血することはある?噂の真相とその成分を徹底検証!

 

まつげ美容液を使っていたら充血してしまった…。

 

女性の魅力を引き出すための一つとして、欠かせないのは瞳のちから
なかでもまつげは大きな役割を持っています。

 

まつげを濃く、長くするだけで目を大きく見せられますし、大きく見える目はそれだけであなたの女性的な魅力を引き出してくれるもの。

 

 

そんなまつげを育てるためにまつげ美容液を使っていたら、目が充血してしまった…そんな話を耳にすることがあります。

 

そこでこのページではまつげ美容液を使った際、本当に充血が起きるのかを配合されている成分などから検証してみました。

 

 

まつげ美容液に配合されている成分の中には充血を引き起こすものがある

 

個人差はありますが、まつげ美容液に配合されている成分の中には充血を引き起こす危険性がふくまれているものは確かにあります。

 

よく挙げられている成分をまとめてみました。

 

ビマトプラスト

ルミガンなど、一部のまつげ美容液に含まれている成分で、元は緑内障の薬です。
まつげ美容液としての効果はとても期待されていますが、充血などの副作用は大抵この成分が原因となっていることが多く、注意が必要
できればビマトプラストが含まれていないまつげ美容液を使用することをお勧めします。

 

フェノキシエタノール
メチルパラベン
プロピルパラベン

まつげ美容液に限らず、大抵のコスメに配合されている成分で、防腐剤としての役割を果たしています。
これらを使わなければコスメはすぐに悪くなってしまうのですが、肌の弱い人や敏感な人には炎症や充血などの副作用が起きてしまう場合があります。

 

こうしてみると全てのまつげ美容液で充血などの副作用が起きてしまうように見えますが、決してそんなことはありません。

 

特に副作用の声が多いビマトプラストを含んでいないまつげ美容液もたくさんありますし、防腐剤が影響を及ぼさないよう、目元のケアをしっかりと考えているものも多く発売されています。

 

そうした安全なまつげ美容液を選ぶことで、安心してまつげを伸ばすことができるので、しっかり女子力を磨いちゃいましょう